美容

【カッコイイ】ワックス初心者が確認しておきたい3つこと【ワックス男子】

ワックス初心者が困っているところ

どうもaruです

今回は、中学生の頃から先生に怒られながらもコツコツとワックス修行に勤しんできたこの私が

ワックス使いたいけど、種類多すぎて何が何だか…
とりあえず付けてみたけど、髪がベタついただけなのですがそれは…

なんて感じの悩みを持つワックス初心者のメンズのために、今までの経験を元に、ヘアスタイリングを始める前に初心者が確認しておきたいことをまとめてみたいと思います!

今まで何となく付けてた方も、これを機に新たな発見をして、さらにスタイリングが好きになってくれたら嬉しいです!

aru
aru
朝のスタイリングで一日のやる気変わったりするよね。

それじゃーここから本文

まず知っておきたい髪質のあれこれ

よっしゃ!まず何を買えばええんや!!

と意気込んだ、やる気溢れるワックス初心者諸君、少し落ち着いて欲しい。

まず、ワックスを使ってヘアセットをしていく上で、基本知識として確認しておいて欲しい3つの情報がある。

それは、まとめると自分の髪についてを知っておこう。って話。

自分の髪の性格がわかってないと、髪質を活かせないどころか、むしろヘアセットしない方がいいって思われてしまう結果になりかねない。

今回は、「髪質長さ多さ」に着目して、自分の髪の性格を改めて確認し、その上で自分にあったワックスはどういったものなのかを考える準備をしていこう。

aru
aru
君、ゲームは説明書読まないで始めるタイプだよね。僕も。

髪質を知ろう

そんなの知ってるから、ワックスの話をしてくれ!!
aru
aru
落ち着いて。

まずは髪質について。噛み砕くと、硬いか柔らかいかって話。

結論、髪質が分かってれば何が出来るかという話ではなく、出来ない髪型向いてる髪型が分かったりするんだよね。

サラサラ軟毛の方は、髪自体のキープ力が足りないせいか、ボリューム出しにくい。

ゴワゴワ剛毛の方は、髪自体のキープ力が強いため、ボリューム出過ぎちゃう。

例に挙げた髪質も、ある一定の髪質を指してるだけで、実際は千差万別なわけだよね。

aru
aru
まずはそこから知ろう、って話。

サラサラ軟毛の人はキープ力の強いワックスを、例えば、マッドタイプやそれに近いキープ力を持つクリームタイプなどがおすすめ。

ゴワゴワ剛毛の人はキープ力そこそこで水分量の多いワックス、例えば、クリームタイプやファイバータイプのワックスがおすすめ。

このように、髪質がワックス選びの指標の1つとなるので、確認しておきたい。

髪質によって、ワックスのキープ力を決める

髪の長さを知る

見れば分かるだろうに。
aru
aru
まぁ聞いて?

2つめに確認したいのが、髪の長さについて。

髪の長さは、自らが目指したい髪型。つまり、ワックス選びの大前提となる、完成系のヘアスタイルを決める指標となる。

毛束や動き強調し、髪の毛を作り込むスタイリングをしたいのであれば、髪の長さを相応の短さにする必要があるし、

髪の流れや柔らかさを強調し、毛流れ感やウェーブを作るスタイリングがしたいのであれば、やはり相応の長さにする必要がある。

これらの長さに合うワックスについては、短い髪にはハードなワックス、長い髪にはソフトなワックスをつかうと、自然に仕上がるのでおすすめ。

髪の長さによって、ワックスの硬さを決める

 髪の毛量を知る

今薄いって言ったよね。
aru
aru

そういうことじゃない。

最後に、毛量についてだ。

これに関しては、「長さ」同様カットの際に調整できるものではあるが、「長さ」以上に戻る(つまり増える)スピードが早い方もいるだろう。

これについては、大いにスタイリング自体のしやすさに影響してくる。

毛量が多い場合にはワックスを、ファイバータイプなどのサラサラした、水分量の多いものを選ぶのがおすすめだ。

逆に毛量が少ない場合はワックスを、マッドタイプなどの固めの、水分量が少ないものを選ぶとスタイリングがしやすくなる。

aru
aru

水分量じゃなく、粘度って置き換えると想像しやすいかな?

毛量によって、ワックスの水分量を決める

以上の3つを意識すると、ワックス選びが捗るので、ワックス初心者はまず3点を確認してからワックス選びに向かってほしい。

でも、最初のワックス選びはそれでも難しいよって話

ここまで読んだ意味とは
aru
aru

あるって

ここまで読んでくれた人は気付いてると思うけど、髪質長さ毛量、3要素がバラバラに存在する以上、あなたに合うワックスはコレ!って一概には言えないんだよね。

もちろんここまで読んでくれた読者のみんなには、良いワックスデビューを飾って欲しいので、知りうる限り説明してみたんだけれど。

だから、その上で1つ覚えておいて欲しいのは、

ワックスは失敗しなきゃ覚えない

って話。

これは実際のスタイリングでも、ワックス選びでも共通する話なんだ。

カッコよくなりたいのに、その過程で失敗するならあんまり気が進まないなぁ!?

分かる。本当にその気持ちが分かるからこそ、こういった「スタイリング」に移る前の下調べを充実させて欲しい。

まとめ

いかがたったでしょうか?

今回の話をまとめると、

・髪質でワックスのキープ力を選ぶべし

・長さに合わせてワックスの硬さを選ぶべし

・毛量に合わせて水分量を選ぶべし

でした。

自分はどんな髪質なのかをふまえた上で、自分はどんな髪型をしていきたいのかを考えながら、ワックスを選んでいけば、いつか必ず自分にピッタリのワックスを選んでいけるはずです!

現在既にお気に入りのワックスがあるワックス男子も、これを機会に新しいワックスに目を向けてみると良い出会いに恵まれるかもしれません!

ここまで読んでくれてありがとうございました!

それでは

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です