アニメ

【アニメを見よう】アニメ初心者に個人的におすすめしたいアニメ5選【まずはここから】

どうもaruです。

今回は、プロのにわかアニメオタクであるこの私が、

エツランシャ=サン
エツランシャ=サン
アニメデビューしたいけど何から見たらいいんだ…
シチョーシャ=サン
シチョーシャ=サン
検索したけど50選とか100選とか見てらんないっすよ…

なんて考えている人のために、今まで見てきた様々なジャンルのアニメから厳選した、アニメ初心者さんに心からおすすめしたいアニメを紹介していきたいと思います!

既にアニメが趣味な方も、もう一度見てみるきっかけになれば嬉しいです!

aru
aru
好きなアニメを定期的に何回でも見ちゃう現象に名前つけてください。

それでは紹介スタート

1:ソードアート・オンライン

出典:ソードアートオンライン公式HP

プロ
プロ
はいはい、キリトキリトw

ということでまずご紹介したいのは、最近ではアニメ初心者でも知ってるレベルで有名になりました「ソードアート・オンライン」、通称「SAO」です。

簡単なあらすじ的な

「これはゲームであって、ゲームでない」

爆発的ヒットを巻き起こしたVRMMORPG「ソードアートオンライン」。仮想現実であったはずのゲームの世界に閉じ込められた1万人のプレイヤー達は、生還を目的としたデスゲームに巻き込まれてしまう。ゲームの中での死は、すなわち現実世界での死を意味する。

果たして主人公であるキリトは、このデスゲームをクリア出来るのか。

有名になったアニメの宿命というか、「ハーレム」要素を含むアニメ特有の叩かれ方をしているので、第一印象からしてあまりよろしくない。って方もいるかな?

その上で、一度見て欲しい。

断言するが、男ならまずハマる。中学生男子がワクワクしちゃう設定がてんこ盛りなのだ。ということは心に中学生男子を飼っている我々紳士ならばハマらない道理が無いのだ。

aru
aru
言い過ぎだよね。

真面目な話、作中に登場する「ナーヴギア」というデバイスに感動して、理系大学進学を志した者や、それに準ずる何かを作り出そうと熱くなった者は少なく無いと思う。

まぁ精神年齢高めな方は、主人公の言動に恥ずかしさを覚える場面が出てくるかもしれないが、大丈夫。ヒロイン達が可愛いから。

プロ
プロ
我はシノン派。
aru
aru
わかる。(握手)

2:シュタインズゲート

出典:シュタインズゲート公式HP

はいこれも有名「シュタインズゲート」。通称は「シュタゲ」。

先に紹介した「SAO」が王道で入りやすいアニメなだけに、これをスタートに持ってくるのは少々ヘビーかも知れない。

しかしなぜあえてそんなアニメを初心者にすすめるのか。それは私aruがアニメの沼にどんバマりすることとなった、きっかけのアニメだからです。

aru
aru
そりゃ、どんバマるわな。(大した自信)

カテゴリーとしては「SF」にあたるのかな?

簡単なあらすじ的な

鳳凰院凶真とは、狂気のマッドサイエンティストである。」

主人公:岡部倫太郎は「未来ガジェット研究所」というサークルを設立した「超」がつく中二病。「鳳凰院凶真」とは、彼の仮の名である。

「ドクター中鉢」という科学者の発表会に参加するところから物語は始まる。そしてそこで遭遇する脳科学を研究する天才少女「牧瀬紅莉栖」の殺害現場。

そして、大きな運命の歯車が動き出す。

このアニメの何がすごいって、前半から後半にかけての盛り上がりがすごいんですよね。そりゃもう寝るタイミング分らなくなっちゃって徹夜するぐらい。(経験談)

でも注意して欲しいのが、序盤のゆったりマイペースなノリを見て、「なんだこのアニメは」と早計な判断を下してしまわないようにして欲しい。本当に序盤の序盤はヌルッと始まるのだ。そりゃもう一話切りしちゃうぐらい。(体験d

とにもかくにも、アニメ作品としてのクオリティは歴代トップレベルなので是非見て欲しい作品だ。

プロ
プロ
エル・プサイ・コンガリィ
aru
aru
コングルゥだ。(握手)

3:ばらかもん

出典:ばらかもん公式Twitter

これも打って変わって、アニメカテゴリーの中のいわゆる「日常系」。

その手のアニメ、実はあまり得意としていなかったのですがこれを見て変わりました。

とは言っても厳密には、一話完結物がスタンダードな「日常系」とは毛色の違う、「ほんわかストーリー系」(造語)なんですけど。

aru
aru
説明下手が過ぎるな?

簡単なあらすじ的な

「俺の字の何が悪い」

幼い頃から書道を学び、若くして注目を集めていた半田清舟は、自分の授賞式で展示館の館長に酷評されて、衝動的に殴りつけてしまう。

この事件をきっかけに、父親の命令で、五島列島の島での生活が始まる。

島民が、あったけぇ。。。

このアニメを見ると、田舎に、それも島に行きたくなる。そしてもう戻らないあの学生時代の「夏」を想うセンチな感情になり少し胸が痛みます。

色々言いすぎて、伝わりにくいかも知れないけれど、本当に心が洗われる気がするんですよ。ああ夏にまた見たい。クーラーガンガンの部屋でサイダー飲みながらね。

次の夏の休みに、ぜひ。

aru
aru
書道でも始めようかな(ミーハー)

4:東のエデン

出典:amazon|東のエデンDVD

有名どころのアニメを見終わった、にわかアニメ友達に次にすすめる作品がこちら。

もうこれはストーリーが良いし、世界観がすごい。(語彙力)

とは言っても、現実離れしたド派手な世界観が広がってるわけではなく、むしろその逆、とても現実に近い世界観でストーリーが進んでいくんです。

簡単なあらすじ的な

「ノブレスオブリージュ、貴方が今後も救世主たらんことを」

大学卒業旅行でホワイトハウスを訪れていた「森美 咲」は、「滝沢 朗」と名乗る男性にトラブルを救われる。彼は記憶が無くなっていて、不思議な携帯を持っていた。彼は一体何者で、一体何に巻き込まれているのか。

そして「森美 咲」も、彼の物語に巻き込まれていく。

キャラデザも刺々しくなく、絵のタッチもどこか柔らかい印象を受ける。だからこそ、「ノブレス携帯」というどこかリアルだが、確かに現実離れした設定が映えるんです。

100億円自由に使って、日本を良くしてくれ

そこから始まる偶像劇。ワクワクしちゃうよね。それに主人公の素性やスペックがいまいち掴めないという描写、もう本当に寝るタイミング失うので注意です。

成人してる方には、酔わない程度のお酒を嗜みながら見てもらいたい。

分厚い小説を1シリーズ読み切った時に似た満足感が、このアニメで得られますよ。

aru
aru
記憶を飛ばしてもう一度見たい。

5:化物語

 出典:化物語公式HP

最後は私の高校時代に、私の喋り方にまで影響を与えたこの作品。

aru
aru
とっても微妙な勧め方するよね。

簡単なあらすじ的な

「なんでもは知らないわよ、知ってることだけ」

「阿良々木 暦」は春休みにとんでもない「事件」に巻き込まれて以来、人とは少し異なる世界と近づいた。否、そんな世界は意外と近くにあったりして。

まあ難しいことは考えず見てみてくれ(仕事放棄)

初めて見たときの衝撃は今でも覚えてますよ。

高校生僕「なんだこのアニメ…」(褒め言葉)

当時いろんなアニメをなけなしの所持金を使い、レンタルビデオ店で借りていた頃に、初めて視聴しました。それはもう衝撃だった。

表現というか、「見せ方」が本当に革新的で。それでいてセリフが特徴的でとても心地いいし、その声を発するキャラも魅力的。ホントなんだこのアニメは(褒め言葉)

もとは鬼才作家「西尾維新」が生み出した小説。(原作も本当におすすめ)

実はこの作品、「映像化不可能」とか言われていたんだよね。セリフばっかだし。

アニメの方も確かにずっと喋ってるわけなんだけども、見れる。むしろ聞き入っちゃうんだ。でも視覚も見入っちゃう。もうすごいんですって。(語彙ry

aru
aru
ちょいちょい入るアクションシーンも、並みのアクションアニメの群を抜く描写。なんだこのアニメは。

まとめ

いかがだったでしょうか?

本当はもっと様々なジャンルのアニメを勧めたいのですが、今回はジャンル関係なしに私のおすすめしたいアニメを5つ選んでみました!

今回紹介したアニメ以外にも、素晴らしいアニメはたくさんあります!これを機会に様々な方が、色んなアニメを見てくれるようになったら、とても嬉しいです!

ここまで読んでくれて、ありがとうございました!

それでは

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です